成年後見イメージ
  • 成年後見
  • 法定後見
  • 任意後見
  • 財産管理
  • サポートの流れ
  • よくある質問
  • 無料メール相談
フッター

成年後見制度とは

成年後見制度とは、認知症や精神障がい、知的障がいなどで、判断能力が不十分になった方々の社会生活を支援する制度です。家庭裁判所で選任された後見人が判断能力が不十分になった方の財産を管理したり、代わりに契約を結ぶことによって、本人を支援します。

たとえば、下記のような場合は、成年後見制度の利用が考えられます。

  • 兄弟姉妹が亡くなり、遺産分割協議をしますが、相続人の一人が認知症で、話してもわからず、署名もできません。
  • 高齢の方が通帳の紛失と再発行をくり返し、銀行から口座をストップされてしまった。
  • 久しぶりに実家に帰ったら、通販で買った家電製品がやまのようになっていた。一人暮らしの母に聞いても「誰かが持ってきてくれた」というばかり。
  • 知的障がいの子供がいるが、自分が死んだり、認知症になったら、子供のことはどうしたらよいのか。
  • 躁鬱病になってから、かなりの月日が経ち、治る見込みがないようだ。金銭管理が苦手で、誰かに管理してもらわないと、遺産を使い果たしそうだ。

後見制度には、本人の判断能力が不十分になってから後見人を選任する法定後見と本人の判断能力がある状態で、不十分になる状態に備えて後見人と契約を結ぶ任意後見があります。